NEWS

お知らせ
2024. 06. 26
生産者来日

ドメーヌ・オット★から来日!ブランドアンバサダーのクリストフ・ルナール氏が語る、ロゼの魅力

 エノテカ株式会社(本社:東京都港区、社長:堀 慎二)が取り扱う、プロヴァンス地方の歴史と伝統を誇るワイナリー「ドメーヌ・オット★」より、ブランドアンバサダーのクリストフ・ルナール氏が来日し、ショップでのテイスティングイベントやワインメーカーズ・ディナーを開催しました。

domeineott_main.jpg
ブランドアンバサダーのクリストフ・ルナール氏

 ドメーヌ・オット★は1896年、フランス・アルザス出身のマルセル・オット氏によって設立されたワイナリーです。アルザスからボルドーへ移り、その後プロヴァンスの地に魅了され、この地の可能性を信じてワイン造りを始めました。以来、ドメーヌ・オット★はオット家によってその高い品質と伝統が受け継がれています。今回はドメーヌ・オット★のアイコンワイン、そして今後広めていきたいロゼの楽しみ方について、ブランドアンバサダーのクリストフ氏に詳しくお話いただきました。

 ドメーヌ・オット★は、3つの主要なドメーヌを所有しています。粘土や石灰岩が多く、冬は雪も降るという「シャトー・ド・セル」。砂岩、石灰質で貧しい土壌がワインにフィネスをもたらす「シャトー・ロマサン」。そして、地中海に面した畑で、海風と砂質土壌がミネラル感のあるフレッシュなワインに仕上げる「クロ・ミレイユ」。それぞれの畑の特性が生かされたワインが造られています。

 2015年にリリースされたのが、ドメーヌ・オット★の名を冠したセカンドワイン「バイ・オット・ロゼ」です。ワインは全て、シャトー・ド・セルで生産され、発酵にステンレスタンクを用い、ピュアな果実味を表現した軽快なロゼワインに仕立てられます。通常、ドメーヌ・オット★では樹齢10年以上のブドウを使用しますが、樹齢が310年までの若木のブドウが「バイ・オット・ロゼ」に使用されており、若木ならではのフレッシュな味わいが特長です。さらに、果皮を果汁に浸漬させ、果皮からの成分抽出を行う「スキンコンタクト」は最大2時間と、一般的なロゼワインの醸造法とは異なる点も特長となっています。色素を多く持たないグルナッシュが主要品種であることから、シラーをブレンドし、色調の調節も行っているそうです。

 彼らのアイコンワインである、「シャトー・ロマサン・クール・ド・グレン・ロゼ」は、ブドウ品種のムールヴェードルを使用した、しっかりとした味わいのロゼワインです。プロヴァンス地方、地中海沿岸のワイン産地バンドールのロゼワインの醸造規定として、ムールヴェードルを20%以上使用しなければならないところを、約6割使用しています。基本的な醸造方法は「バイ・オット・ロゼ」と変わらない一方、バトナ―ジュ中に澱と接触させて複雑さを増している点と、シラーを使用していない点が異なっています。さらに、「バイ・オット・ロゼ」よりも2か月長く熟成させていることから、余韻の長さが感じられ、熟成能力もより高いとのこと。クリストフ氏自身、熟成したワインを試してみたことがあるそうです。

*樽の中で熟成中のワインをかき混ぜる作業のこと。

「過去に28年熟成させた1994年ヴィンテージを飲みましたが、美味しかったです。多少の色調の変化はありましたが、若干の酸化熟成と共に柔らかい味わいを楽しむことができました。」

 ドメーヌ・オット★を語る上でさらに注目したいのが、美しく洗練されたボトルデザインです。ボトルをかたどる曲線が美しいデザインは、創業者マルセル・オット氏の息子で2代目のジャン・フレデリック・オット氏により作成されたもので、ギリシャの陶器の一種「アンフォラ」をイメージしてデザインされました。現在、このボトルは権利登録されていて、オットファミリーしか使用できないそうです。さらに、ボトルの底部にはオット(OTT)の文字が刻まれています。

「ぜひ、たくさんの日本の方々にプロヴァンスに来てもらいたいです。私たちが普段どのように暮らし、ロゼワインを楽しんでいるかご覧いただきたいです」と、クリストフ氏は、プロヴァンスでいかにロゼワインがライフスタイルに溶け込んでいるかを教えてくれました。

「ロゼワインは、真剣に楽しむワインから、親しみやすくフレンドリーなものまであります。こうした両面をもっているのがロゼの素晴らしいところで、人生の様々なシーンに寄り添うことができるワインです。屋外でのアペリティフ、レストランで素晴らしいお料理と一緒に、ビーチでの一杯やパーティーでカジュアルに飲むなど、受け皿が多様なワインだと思います。」

 ロゼワインは夏だけではなく、どんな時も、どこでも、どんな料理とでも楽しめ、さらには熟成も可能です。ロゼワインの魅力と楽しみ方を広く提案し、ロゼワイン文化の発展を牽引するドメーヌ・オット★からますます目が離せません。

domeineott_bottle.jpg
2015年にリリースされたドメーヌ・オット★のセカンドワイン、「バイ・オット・ロゼ」