message_page_img

 

message_midashi01

 

「ワインのプロ」を自負する私たちの仕事は、

エノテカが扱う数千種類のワインの中から最適な一本を探し出し、

お客様へ提案すること。

お客様のバックボーンを理解し、

誰が、どこで、どんな時に楽しむワインなのか?

少ないヒントの中で、かつ短時間で提案しなければなりません。

お客様は「ワインに精通している方」から「ほとんど飲まないビギナーの方」まで

多く来店されます。

幅広いお客様層への対応は一筋縄ではいかず、

日頃から接客技術、提案力を磨かねばなりません。

 

また、ワインは奥が深い飲物です。

味わいはもちろん、香り、色、ヴィンテージ(生産年)、産地、生産者名、

ぶどうの種類、製法、価格など、

多面的に特徴を把握しておかなければ、お客様に提案することはできません。

このため、入社後は原則「ワインエキスパート」の取得を必須としています。

難しい資格ですが、ワインのプロを目指すためには避けて通れない道。

求める能力は高いですが、取得に必要な支援は会社として最大限に行います。

 

私たちは「ワインとともに生きる。」覚悟を持ち、

プロフェッショナルとしての誇りを持って仕事をしています。

これから入社される皆さんは、当社の”次代を担う原動力”です。

私たちと同じ覚悟を持ち、「どうすればワインの可能性を広げることができるのか?」を

主体的に考え、行動できる方をお待ちしています。