NEWS

お知らせ
2024. 04. 24
商品

フランス・北ローヌの新進気鋭ワイナリー「ドメーヌ・グレアム・エ・ジュリー・ボット」の9品目を2024年5月1日から正規代理店として販売開始

 エノテカ株式会社(本社:東京都港区、社長:堀 慎二)は、創業からわずか9年で高い評価を獲得しているフランス・北ローヌのワイナリー「ドメーヌ・グレアム・エ・ジュリー・ボット」の9品目を、日本における正規代理店として、51日からワインショップ・エノテカおよびエノテカ・オンラインで販売を開始します。

J&G-BOTT.jpg↑創業者のジュリー・ボット氏(左)とグレアム・ボット氏(右)

 「ドメーヌ・グレアム・エ・ジュリー・ボット」は、ニュージーランド出身のグレアム・ボット氏とフランス・ローヌ出身のジュリー氏によって、2015年に設立された新進気鋭のワイナリーです。北ローヌにおけるアペラシオンのテロワールをピュアに表現したワインを造ることを哲学とし、ワイン造りに励んでいます。

 2人のワイン造りは、北ローヌでブドウ畑を探すところからスタートしました。コンドリューのヴェラン村に休眠していた土地を見つけ、機械をほとんど使わず手作業で開墾し、最初のブドウを植樹しました。その後、コート・ロティのアンピュイへ拠点を移し、現在はコート・ロティに加えコンドリュー、サン・ジョセフ、セイシェルに約10ヘクタールの自社畑を所有し、それぞれのアペラシオンが持つ魅力を最大限に表現したワインを生み出しています。また、自社畑に加えクローズ・エルミタージュ、コルナス、IGP コリーヌ・ローダニエンヌの買いブドウを原料とした高品質なワイン造りにも取り組んでいます。

 赤ワイン、白ワインともにエレガントで繊細なスタイルが特長で、創業10年に満たないながらも、すでに高い評価を獲得しています。2019年には第4回「ヴィニュロン・エ・テロワール・ダヴニール(未来のヴィニュロン&テロワール)」コンクールで1位を獲得したことに加え、『サン・ジョセフ・ブラン』の2019年ヴィンテージがワイン専門誌「ワイン・スペクテーター」の「トップ100オブ2021」にも選出されるなど、北ローヌのライジングスターとして注目を集めています。

■代表銘柄

CONDRIEU_750_2022.jpg

『コンドリュー』

高い評価を獲得するフラッグシップ・ワイン。オーガニック栽培されたヴィオニエ100%を使用した白ワインです。シャブリを彷彿とさせる豊富なミネラル感と、繊細かつエレガントなスタイルが特長です。

当社は世界的に評価の高い北ローヌのワインのラインアップを強化することで、お客さまの選択肢を広げ、より一層豊かなワインライフを提案します。

【商品概要】

ワイン名 種類 VIN 容量 税抜価格 税込価格
ファースト・フライト・ヴィオニエ 2022 750 4,500 4,950
ファースト・フライト・シラー 2022 750 4,500 4,950
クローズ・エルミタージュ・ルージュ 2022 750 5,200 5,720
サン・ジョセフ・ルージュ 2021 750 5,800 6,380
サン・ジョセフ・ブラン 2022 750 6,200 6,820
コルナス 2021 750 10,000 11,000
コンドリュー 2022 750 11,000 12,100
コート・ロティ 2021 750 14,000 15,400
コンドリュー・リュー・ディ・ラロー 2022 750 16,000 17,600
※すべてワインショップ・エノテカ、及びエノテカ・オンラインで販売

■エノテカ・オンライン特集ページ URL

https://www.enoteca.co.jp/producer/detail/2463