NEWS

お知らせ
2022. 02. 04
イベント

「廣瀬俊朗のワインにトライ!」第2回目は南アフリカをテーマに3月12日開催

エノテカ株式会社(本社:東京都港区、社長:黒木 誠也)は、元ラグビー選手の廣瀬俊朗氏とコラボレーションし、ラグビーとワインを掛け合わせたオンライントークイベント「廣瀬俊朗のワインにトライ!」を312日に開催します。第2回目となる今回は南アフリカを取り上げ、国民的スポーツとしてラグビーに取り組む南アフリカの強さの秘密や、あまり知られていないワインの銘醸地としての魅力をお伝えします。

バナー.png

◆ラグビーとワインを掛けあわせた斬新なトークイベント

コンセプトは「廣瀬俊朗のワインにトライ!~ラグビー強豪国はワイン銘醸地。廣瀬さんとワインを楽しもう~」です。熱烈なワインラヴァーである廣瀬俊朗氏と海外の生産者(またはワイン業界に携わる方)、お客様を繋ぎ、毎回テーマに沿ってその国のラグビーやワインについて語り合います。お客様は自宅に居ながら、廣瀬氏と世界各地の生産者のリアルタイムのトークが楽しめるだけでなく、チャットやアンケートでコミュニケーションを取りながら、廣瀬氏と一緒にテーマとなる国のワインをテイスティングします。ラグビーとワインという異なるジャンルを同時に体験する、新しい形のトークイベントで全7回の開催を予定しています。

昨年11月に開催した第1回「フランス・ボルドー」編では、お客様から「ラグビーとワインの繋がりを感じられた」「ラグビーとワインの意外な共通点の発見がとても楽しかった」など、大変好評をいただきました。毎回、テーマとなる国のラグビーとワインを新たな切り口で紹介し、ワインをいつもと違う視点から、より気軽に楽しめるイベントです。

◆第2回のテーマは 「南アフリカ」 (312日開催)

2回のテーマは、1995年のワールドカップで歴史的勝利を収めて以来、世界のラグビー界を牽引する南アフリカです。南アフリカはワインの銘醸地でもあり、この30年間に急速な進化を遂げ、世界中のワインラヴァーを魅了するクオリティワインの産地に生まれ変わっています。アパルトヘイト廃止後から、ラグビーとワインが国の分断の懸け橋として果たしてきた役割にもスポットをあてながら、南アフリカラグビーの強さとワインの美味しさの秘密に迫ります。

写真 2020-06-16.jpg
【ナビゲーター】 廣瀬俊朗氏

元ラグビー日本代表キャプテン。株式会社HiRAKU 代表取締役。1981年生まれ。 現役引退後は、「ビジネス・ブレークスルー大学大学院」にて経営管理修士(MBA)を取得。ラグビーワールドカップ2019では公式アンバサダーとして活動。試合解説をはじめ、国歌・アンセムを歌い各国の選手・ファンをおもてなしする「Scrum Unison」や、TBS系ドラマ「ノーサイド・ゲーム」への出演など、幅広い活動で大会を盛り上げた。現在は、株式会社HiRAKU代表取締役として、ラグビーに限定せずスポーツの普及、教育、食、健康に重点をおいた様々なプロジェクトに取り組んでいる。202010月より日本テレビ系ニュース番組「news zero」に木曜パートナーとして出演中。

Leopard's Leap & La Motte_Sales Director_Mr. Marius Kotze.jpg
【スペシャルゲスト】 レオパーズ・リープ マリウス・コッツェ氏

南アフリカの銘醸地として知られるフランシュックを拠点とするワイナリー「レオパーズ・リープ」のセールス・ディレクター。5歳からラグビーを始め、34歳まで地元チームでプレーヤーとして活躍した大のラグビーファン。ワイン業界では24年のキャリアがあり、主にアジア市場への輸出を担当。プライベートでもワインをおおいに楽しんでいる他、アウトドア、ゴルフ、 ラグビー観戦が趣味で家族や友人と過ごす時間を大切にしている。

◆「廣瀬俊朗のワインにトライ」 オンライン・ワインテイスティングイベント

2回 「南アフリカ」 イベント詳細

■イベント開催日:2022312日(土)
■イベント開催時間:17001830(開始30分前よりオープン。 10分前から入室可能)
■イベント実施方式:WEB会議サービス「Zoom」を使用
■参加費:4,510円(税込) ※当日の試飲ワイン(750ml)の料金込・送料込
■当日試飲ワイン:スペシャル・エディション・ピノタージュ2020/レオパーズ・リープ 通常価格 2,860 円(税込) 赤ワイン
販売ページURL: 
https://www.enoteca.co.jp/feature/trythewine ※2月5日(土)より販売開始

202111月、「廣瀬俊朗のワインにトライ」の第1回イベント、「フランス・ボルドー編」を実施しました。

第一回イベントキャプチャ.png

202111月開催、第1回「フランス・ボルドー編」の乾杯シーン

2021年11月14日に開催した第1回「フランス・ボルドー編」では、廣瀬俊朗氏によるフランス・ラグビーが大切にしている"スクラム"の解説や、ネゴシアン(ワイン商)の倉庫をリアルタイムで見学するリモートツアーが好評で、イベント後のアンケートでは、またイベントに参加したいという声が93%と、大変好評なイベントとなりました。

◆イベント終了後のアンケートより(お客様の声を一部抜粋)

・大好きなワインとラグビーにこんなに沢山の共通点がある事を知って嬉しくなりました。 よくあるワインセミナーとは全く違う視点のイベントで、でも実はワインのこともすごく沢山勉強できる素晴らしい企画でした。

・楽しい企画をありがとうございました! 廣瀬さんの貴重なお写真を使ったエピソードやラグビー解説もよかったですし、ボネさんのお人柄や語られる言葉からラグビーやワインに共通することや、販売の専門職(ネゴシアン)の存在や地域で取り組んでいることを初めて知りました。

・廣瀬さんのお話がいつも好きで、今回もラグビーとワインの共通点という新たな視点を聞けてとても楽しかったです。ボネさんのお話も、ボルドーのワインとその文化をとても大切にされているところ、ラグビーも愛しているところなど、印象に残るものがたくさんあり、とてもステキでした。

エノテカ株式会社では、今回のラグビーとワインを絡めたイベントをはじめ、今後もワインの多面的な魅力を伝えるための提案を行ってまいります。ワインを気軽に、そしてより一層楽しんでいただく機会を創出し、エントリー層の拡大とワインラヴァーの方々の満足度向上に繋げて参りたいと考えております。