経営者メッセージ

エノテカ株式会社の代表取締役社長、堀 慎二の写真

アジアでナンバーワンかつオンリーワンのワイン商を目指して

平素より格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

エノテカは1988年創業以来、「FOR ALL WINE LOVERS」の企業理念の下、拡大するワイン市場のなかで、世界各国のトップ生産者と強い信頼関係を築き、ワインの専門商社として国内でのワインショップ・卸・通販の各事業、そしてアジアにおける国際事業の展開により成長を続けてきました。


現在、国内ワイン市場は堅調に推移しており、これからも伸長していくことが予想されていますが、お客様と新たなワインとの出会いの場の創出、ワインの素晴らしさ、奥深さをお客様一人ひとりに寄り添い、お伝えし続けることで、日本のワイン文化の更なる発展に貢献してまいります。


一方で、2020年年初から全世界で顕在化し、また新たな変異株が出現するなど依然として新型コロナウイルス感染症の流行が続く中、当社も国内外で外食産業の不振に伴う卸販売の縮小、人流の抑制やワインショップの営業時間短縮など打撃を受けました。引き続き厳しい環境が続きますが、エノテカを支えていただいている皆さまより多大なるご支援、ご厚情をいただいており、この場を借りまして厚く御礼申し上げます。


コロナ禍を契機に世界中で人々の生活様式や働き方も大きく変化し、消費者ニーズの多様化が加速しております。こうした時代の変化に即座に対応するとともに中長期のビジョンを推進していくため、エノテカは今期が初年度となる新たな3か年計画(2022~2024年度)を策定しました。国内は盤石な地位を固め「国内既存事業の持続的な成長」とアジア各拠点は確実にプレゼンスをあげていくべく「海外市場における更なる拡大と挑戦」という両軸での事業成長を目指していきます。


エノテカのブランディングの起点となるリテール事業においてはライフタイムバリューの最大化を図るべく、ワインショップ・EC間のシームレスな顧客対応環境の構築を目指していきます。また、売上基盤の拡大を図る更なる出店や販売チャネルの拡張、そして新たなサービスや価値の提供を通じて顧客接点を増やし、全国のお客様にエノテカでのワイン体験の機会をさらに増やしていきたいと考えています。また裾野を広げていく卸事業においては業務用・小売共に売上基盤となる拠点・間口拡大に取り組んでまいります。


さらに、2030年を見据えたエノテカの将来ビジョンである「アジアでナンバーワンかつオンリーワンのワイン商」を目指して、新たなWINE LOVERの創造と拡大に向けて注力していきます。世界トップの生産者との関係を強化しつつ、海外マーケットの拡大を図っていきます。現在、香港、上海、杭州、深セン、台北、ソウル、釜山、シンガポール、バンコクなどアジア主要都市にワインショップ及び卸売展開しており、今後も出店や販売エリアの拡大を予定しています。


アジアでは今後、消費市場の拡大とともにワイン文化が一般家庭に広く根付くだろうと見ています。その過程で、ワインの専門集団である私たちエノテカが果たすべき役割は大きいと考えます。引き続き積極的に活動を行い、成長著しいアジアマーケットでWINE LOVER及びエノテカのファンづくりに注力いたします。

エノテカ株式会社
代表取締役社長 堀 慎二
2022年3月