TORRES

トーレス

画像㈰ メイン

このブランドについて

スペインはバルセロナの近郊、ペネデス地方でワインを造り続けて150 年以上。トーレス社は長年に渡る経験を土台とした革新的なワイン・メイキングによってスペインワインのリーダーとして世界中のワインラヴァーからの称賛を得ています。牛のマスコットでおなじみの「サングレ・デ・トロ」をはじめ、ブドウ品種と土地の個性を最大限にひき出した高品質なワインを生み出す一方、そのワインを生み出す環境、人に優しいワイン造りを目指し日夜研究に励んでいます。現在ではチリやアメリカでもワインを生産。それぞれの土壌とブドウの個性を明確に表現する唯一無二のワイン造りにより、各国のワイン・コンペティションで数々の評価を獲得しています。また、「自然環境と環境保護は、自分たちが果たさなければならない大切なコミットメント。そして、この先何世代にもわたり、優れたワインを造り続けていきたい。」この強い思いのもと、トーレスは2008 年に「トーレス&アース」というプロジェクトを立ち上げました。このプロジェクトの大きな2 つの目的は、地球温暖化を軽減するためのCO2 排出量の削減と、気候変動に対応した持続可能なブドウ栽培です。ワインメーカーとして地球温暖化への危機感を早くから抱き、社をあげて、再生エネルギーに基づく建築設計とワイン造りにおけるCO2 の再利用や、環境に配慮した輸送手段の採用、古来品種の再生など様々な地球温暖化プロジェクトに取り組んできました。また、4 代目のミゲル・A・トーレス氏は、2019 年にカリフォルニアのジャクソン・ファミリー・ワインズとIWCA(気候変動に対処する国際的なワイナリーグループ)を共同で立ち上げ、ワイン界で環境問題に取り組み先駆者としての活動が高く評価されています。トーレスは、今日のワイン業界における温暖化対策のリーダーとして、次世代に残せる豊かな自然環境を守りつつ、自然を尊重した上質なワインを造り続けるという長期的なビジョンに基づく「サスティナブルなワイン造り」を実施しています。

商品紹介

他のブランドを探す