LOUIS ROEDERER

ルイ・ロデレール

画像㈰ メイン

このブランドについて

シャンパーニュ ルイ・ロデレールの起源は1776 年に遡り、フランス・ランス市でのデュボア家によるメゾン創立にあります。1876 年、皇帝アレクサンドル2 世の要望により誕生した特別なシャンパーニュは、彼の名声を象徴するようクリスタル製の瓶に入れられました。それが現在のクリスタルのもととなっており、ルイ・ロデレール社が希求する希少性、完璧さ、気品の象徴となっています。ルイ・ロデレールは200 年以上、家族経営で引き継がれてきた自社の伝統を守りつつ、独自のスタイルを貫き、常に最高のものを追求し続けています。この理念から造られるシャンパーニュは、まさに「THE ARTISTRY OF CHAMPAGNE~シャンパーニュという名の芸術品~」と呼ぶのにふさわしい、至高のシャンパーニュです。「我々にはシャンパーニュのテロワールを表現する責任がある。」創業より240 年以上もの間、シャンパーニュの中でも最高峰のテロワールを持つ畑を少しずつではありますが獲得し続けてきたルイ・ロデレールが掲げる哲学です。良いテロワールだからこそ可能な限り人の手を加えることなく、ブドウ本来の味わいを残し、自然に寄り添ってワインを製造したいという考えのもと、ルイ・ロデレールでは2000 年代前半よりビオディナミ栽培に取り組み、現在自社畑の1/2 にあたる約120haで、ビオディナミによるブドウの栽培が行わています。またフレッシュさを残すため、極力マロラクティック発酵は行いません。

商品紹介

他のブランドを探す