CLOS DES PAPES

クロ・デ・パプ

画像㈰ メイン

このブランドについて

17世紀から続く伝統を受け継ぐ、シャトーヌフ・デュ・パプの名門中の名門。南フランス、ローヌ地方の中でも一番の知名度を誇るアペラシオン「シャトーヌフ・デュ・パプ」。 14世紀、フランス王との権力争いの末、ローマ教皇がアヴィニョンに移設されていた際に作られた 「教皇の新しい城」という意味のこの地は、やがてワイン造りに喜びを見出した教皇によって南フランス随一のワインの産地となりました。そのシャトーヌフ・デュ・パプの中でも、特に歴史が深く、アヴィニョン教皇庁に隣接する畑が「クロ・デ・パプ(教皇の区画)」。この畑でワイン造りを続けるドメーヌが、ポール・ヴァンサン・アヴリル氏によって運営されている「クロ・デ・パプ」です。クロ・デ・パプを運営しているアヴリル家は、17世紀には既にシャトーヌフ・デュ・パプの著名な造り手としてその名を知られており、18世紀には、市の執政官や出納長も担っていたこともあるこの地の名門の家系です。20世紀に入ると、現在のオーナーであるアヴリル氏の祖父、レジ氏はエリゼ宮にワインを献上し、シャルル・ド・ゴール大統領やポンピドゥー大統領にもワインを提供するなど、偉大な功績は枚挙に暇がありません。長期熟成によって真価を発揮する、エレガンスと凝縮感を兼備する偉大なワイン。アヴリル氏はブルゴーニュでフィネスとエレガンスを備えたワインを造ることを学び、バランス感に優れたエレガントなワインを手掛けています。

商品紹介

  • CHATEAUNEUF DU PAPE BLANC
    CHATEAUNEUF DU PAPE BLANC
    シャト-・ヌフ・デュ・パプ・ブラン
    長期熟成のポテンシャル高いシャトーヌフ・デュ・パプ・ブランの逸品。赤ワインの約1割の生産量で、凝縮感溢れる果実味と、非常に長い余韻が魅力。
    国名 フランス
    地域 ローヌ
    ボディ フルボディ
    ブドウ品種 グルナッシュ・ブラン/ルーサンヌ/クレレット/ブールブーラン/ピクプール/ピカルダン
    ■ 750ml
    希望小売価格 ¥ー
    入数 12
  • CHATEAUNEUF DU PAPE ROUGE
    CHATEAUNEUF DU PAPE ROUGE
    シャトー・ヌフ・デュ・パプ・ルージュ
    “シャトーヌフ・デュ・パプの名門”クロ・デ・パプ。凝縮した果実味に満ち溢れた、威厳ある秀逸な1 本。
    国名 フランス
    地域 ローヌ
    ボディ フルボディ
    ブドウ品種 グルナッシュ/ムールヴェードル/シラー/ヴァカレス/クノワーズ/ミュスカルダン
    ■ 750ml
    希望小売価格 ¥ー
    入数 12

他のブランドを探す